テニス壁打ちの方法

テニスの壁打ちは非常に練習になります。特に学生時代には壁打ち練習がオススメです。対戦相手をイメージしながら打つことで試合の練習になります。ストロークの安定感を増すのに効果的です。壁打ちは、試行錯誤に適しています。ガムテープで的を作って、何度も同じ場所に打ち込みましょう。緩いボールや強いボールなど球種や打点を変えて様々なフォームで打つ練習ができます。
例えば、強いボールを打った時は、ボールが強く跳ね返ってきますので、素早く後ろに下がり、打点を調節しなければなりません。低い弾道のボールを打つと、跳ね返ってくるボールの軌道も低くなり、前に移動しながら打たないと、ツーバウンドになります。

Step1:ストロークを続けましょう

初心者のうちは、ラリーがなかなか続きません。自分の打ったボールがどのように跳ね返ってくるのか、だいたい予想がつきます。強く打ちすぎたり、低いボールを打ってしまったりして長く続きません。ラリーを続けようとすると、ショットが安定してきます。上達すればするほど、長くミスせず続けられます。

Step2:フォアハンドとバックハンドを交互に打ちましょう

フォアハンドストロークだけで続けることができるようになったら、フォアハンドストローク・バックハンドストローク交互に打ちましょう。交互に打つことで、フォームのチェックだけでなく、グリップチェンジの練習にもなります。最初はグリップチェンジが追いつかず、ボールを返すことができません。でも、やってるうちに意識せずにグリップチェンジができるようになってきます。わずかにクロスに打たないとフォアバック交互に打てないため、コントロール向上に非常に役立ちます。

Step3:緩急をつけて打ちましょう

フォアハンドストロークだけで緩急をつけて打つ練習をしましょう。緩く高いボールを打って、跳ね返ったゆっくりのボールを強打しましょう。それから、跳ね返ってきた強いボールを、また緩く高いボールで返球しましょう。それを交互に繰り返します。安定した強打というのは、試合において非常に重要なスキルです。強打を入れることができれば、どんな試合でもある程度上位に行くことができ、優勝を狙えます。

Step4:トップスピンをかけて打ちましょう

フォアハンドストロークでトップスピンの練習をしましょう。とにかく、ラケットを斜め上に振り抜きましょう。かすれた当たりでも構いません。ボールをこすりあげましょう。回転をかけることができるようになったら、厚い当たりで打てるようになりましょう。最初はスピードが出ません。フラットで気持ちよく強打ができていても、スピンになると球速が落ちます。スウィングスピードを上げましょう。身体の回転力(遠心力)を使って打つ技術を練習しましょう。実際の打ち合いでは、落下地点をイメージしながら打つようにしましょう。スピンとスピードが両立したフォアハンドストロークが打てるようになれば、レベルアップ間違いなし。

<関連記事>

・テニスの壁打ちは、練習メニューが豊富にある

・テニス 練習法 一人 初心者

・壁打ちは最も代表的な一人練習